So-net無料ブログ作成
検索選択

菅内閣、閣僚たちはこんな人(産経新聞)

 8日に発足した菅直人内閣の閣僚たちは、どんな人たちなのか。

 《ネットで大活躍?》

 ◇原口一博(はらぐち・かずひろ)総務相(再任)

 鳩山政権が掲げた「地域主権改革」の旗振り役として地方の自主財源充実に取り組んだ。ツイッターや、政務三役会議のインターネット中継など情報発信にも努め、若者の政治参加に腐心。「ポスト鳩山」の一人と目されたが、その器があるかどうかは未知数だ。

 松下政経塾出身で、佐賀県議から国政に。野党時代は舌鋒鋭い論客として鳴らした。趣味はバレーボール。50歳。佐賀県出身。

 【経歴】県議、党「次の内閣」総務相。東大卒。衆(5)佐賀1区

 《別姓導入に執念》

 ◇千葉景子(ちば・けいこ)法相(再任)

 人権派弁護士として女性や子供の権利保護に尽力。旧社会党で初当選し、平成9年に民主党に移った。選択的夫婦別姓制度の導入にこだわりをみせるが、連立を組む国民新党の反対で今国会は断念せざるを得ない状況だ。死刑制度廃止の立場で活動。就任後、これまで一件も死刑執行は命じていない。趣味は天体観測。「トマトちゃん」の愛称も。62歳。神奈川県出身。

 【経歴】弁護士、党副代表、「次の内閣」法相。中大卒。参(4)神奈川選挙区

 《貫く原理主義》

 ◇岡田克也(おかだ・かつや)外相(再任)

 外相会談で中国に核軍縮を要求するなど原則を曲げない原理主義者。米軍普天間飛行場移設問題では、昨年10月に早々と「県内移設」を唱えて現実路線を示した。民主党代表として臨んだ平成17年の郵政選挙で惨敗したが、幹事長などを歴任、有力な首相候補の一人。小沢一郎氏とは一定の距離を置く。父親は岡田卓也イオン名誉会長相談役。趣味はカエルの置物集め。56歳。三重県出身。

 【経歴】党政調会長、代表、幹事長。東大卒。衆(7)三重3区

 《今も街頭演説》

 ◇野田佳彦(のだ・よしひこ)財務相(初入閣)

 財務副大臣として「政治主導の予算編成」に当たった。財政規律を重視する姿勢で財務官僚の信頼も獲得した。松下政経塾の1期生。千葉県議を経て平成5年に日本新党から初当選。1度落選し、民主党入り。「民主党七奉行」の一人で小沢一郎氏と距離を置く。演説のうまさには定評があり、今も地元では極力駅頭に立つ。柔道2段。53歳。千葉県出身。

 【経歴】県議、党幹事長代理、財務副大臣。早大卒。衆(5)千葉4区

 《手堅い仕事師》

 ◇川端達夫(かわばた・たつお)文部科学相(再任)

 文教行政は専門分野ではなかったが、民主党の目玉政策の高校無償化を実現。対象から朝鮮学校を外すか否かをめぐり「国交の有無を基準にすべきでない」などと異を唱えた。派手さに欠けるが、省内では「仕事は手堅く、政務三役をよくまとめている」との評も。労組活動を経て、昭和61年に初当選した旧民社系グループのリーダー格。阪神タイガースのファン。65歳。滋賀県出身。

 【経歴】党幹事長、副代表。京大院修了。衆(8)滋賀1区

 《敵は財源不足》

 ◇長妻昭(ながつま・あきら)厚生労働相(再任)

 野党時代は5000万件に上る「消えた年金」問題の追及で「ミスター年金」と名をはせた。だが、担当閣僚として救済や新年金制度構築に取り組むも、財源不足もあり実現へのハードルは高い。厳しく批判していた後期高齢者医療制度も即時廃止できず、「公約違反」との批判を浴びた。コンピューター機器の営業マン、経済誌記者を経て政界入り。趣味はカラオケ。49歳。東京都出身。

 【経歴】雑誌記者、党「次の内閣」年金担当相。慶大卒。衆(4)東京7区

 《牧場経営の経験も》

 ◇山田正彦(やまだ・まさひこ)農水相(初入閣)

 皿洗いなど苦学して司法試験に合格。弁護士として働きながら牧場を開設し牛や豚を育てた。小沢一郎氏に近い農政通。平成5年衆院選で新生党から初当選した。鳩山内閣で農水副大臣。農家への戸別所得補償制度の具体化を推進した。口蹄疫(こうていえき)問題では、政府の現地対策本部長として宮崎県に飛んだ。離島振興に尽力し情報誌「島へ。」の創刊者。68歳。長崎県出身。

 【経歴】弁護士、党「次の内閣」農相、農水副大臣。早大卒。衆(5)長崎3区

 《聞く姿勢は好評》

 ◇直嶋正之(なおしま・まさゆき)経済産業相(再任)

 エコカー購入の補助延長や中小企業の資金繰り支援拡大など景気対策に力を注いだ。「説明をきちんと聞く」と省内で好評だが「官僚との協調ばかりで、パンチに欠ける」との声も。国内総生産(GDP)速報値を公表直前に漏らし情報管理の甘さが批判された。全トヨタ労働組合連合会出身。父親を若くして亡くし、働きながら定時制高校に通った苦労人。64歳。大阪府出身。

 【経歴】党参院幹事長、政調会長。神戸大卒。参(3)比例

 《高速道は難題》

 ◇前原誠司(まえはら・せいじ)国土交通相(再任)

 民主党内で小沢一郎前幹事長と距離を置く中堅・若手のリーダー格。国土交通相としては、八ツ場ダム建設中止で地元が反発、高速道路上限料金制では民主党内から異論が続出するなど、根回し、調整能力には疑問符が付く。43歳で民主党代表に就任したが偽メール問題で半年後に引責辞任、詰めの甘さを指摘する声も。蒸気機関車を愛する鉄道マニア。48歳。京都府出身。

 【経歴】府議、党代表、副代表。京大卒。衆(6)京都2区

 《「削減」へ奔走》

 ◇小沢鋭仁(おざわ・さきひと)環境相(再任)

 鳩山由紀夫前首相提唱の「温室効果ガス25%排出削減」実現に向け、行程表策定などに取り組んできた。10月に名古屋で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議では、議長国として指導力、調整力が問われる。元銀行マンで、平成5年に日本新党から衆院初当選。鳩山氏の信頼が厚く、民主党代表室長などを務めた。ゴルフは党内で一、二を争う腕前。56歳。山梨県出身。

 【経歴】衆院環境委員長、党幹事長代理。東大卒。衆(6)山梨1区

 《普天間に尽力》

 ◇北沢俊美(きたざわ・としみ)防衛相(再任)

 米軍普天間飛行場の移設問題では、米国や沖縄への根回しに尽力した。ただ日米合意の履行を求める米側や、ぶれる鳩山由紀夫前首相の発言に翻弄され、自身の言動が首尾一貫しなかったとの指摘も。長野県議5期を経て参院議員に。自民、新生、新進を経て、現在の民主党に移るまで同郷の羽田孜元首相とともに行動、側近として知られる。趣味は陶芸。72歳。長野県出身。

 【経歴】党副代表、参院外交防衛委員長。早大卒。参(3)長野選挙区

 《「脱小沢」の鍵》

 ◇仙谷由人(せんごく・よしと)官房長官(担当変更)

 小沢一郎前幹事長と距離を置き、「親分肌」で党内の若手からも慕われる存在。労働問題などを専門とするやり手弁護士としてならし、平成2年に旧社会党から初当選した。政策通で民主党では政調会長などを歴任。鳩山内閣では行政刷新担当相、国家戦略担当相を務め、「事業仕分け」を主導した。「脱小沢」色の強い新内閣で浮沈の鍵を握る。64歳。徳島県出身。

 【経歴】弁護士、行政刷新担当相、国家戦略担当相。東大中退。衆(6)徳島1区

 《対「北」強硬派》

 ◇中井洽(なかい・ひろし)国家公安委員長(再任)

 高校無償化で朝鮮学校の適用除外を求め、韓国に亡命した黄長●(=火へんに華)・元朝鮮労働党書記の来日を実現した民主党きっての対北朝鮮強硬派。警察官僚には「予算獲得に熱心」と受けが良い。3月、知人女性に議員宿舎のカードキーを渡していると週刊誌で報じられ、平野博文官房長官(当時)から注意された。新進党から民主党まで小沢一郎氏と歩んだ。67歳。中国吉林省生まれ。

 【経歴】法相、党副代表、拉致問題対策本部長。慶大卒。衆(11)三重1区

 《「郵政」に執念》

 ◇亀井静香(かめい・しずか)郵政改革・金融相(国民新党・再任)

 日本郵政の社長交代を主導し、郵政民営化見直しに全力を注いできた。郵政改革法案の成立に強い意欲を見せる。小所帯の国民新党の代表ながら、鳩山内閣で存在感を発揮。最後まで鳩山由紀夫前首相を支える一方で、連立を組んだ社民党とも良好な関係を続ける。

 元警察官僚で自民党政調会長、建設相などを歴任。趣味の油絵は個展を開く腕前。73歳。広島県出身。

 【経歴】運輸相、建設相、国民新党代表。東大卒。衆(11)広島6区

 《菅首相の最側近》

 ◇荒井聡(あらい・さとし)国家戦略担当相(初入閣)

 平成5年の衆院選で日本新党から初当選。さきがけに移り、菅直人政調会長の下で政調副会長を務め、以後、側近として行動を共にしてきた首相の最側近。鳩山前首相の補佐官として雇用対策や経済成長戦略などを手掛けた。農林水産省出身。平成19年には衆院議員を辞職し、道知事選に挑戦した。趣味はテニス。作家、司馬遼太郎の大ファン。64歳。北海道出身。

 【経歴】党役員室長、首相補佐官。東大卒。衆(5)北海道3区

 《民主党「七奉行」の一人》

 ◇玄葉光一郎(げんば・こういちろう)公務員制度改革担当相(初入閣)

 鳩山政権で廃止された党政策調査会が新政権の誕生で復活、会長に就任した。それとともに入閣も果たし、政府と党の政策一元化を担う。松下政経塾出身で、平成5年に無所属で衆院初当選。新党さきがけを経て旧民主党結党に参画した。実務能力には定評があり、選対委員長などを歴任。消費税アップによる財政再建が持論だ。「民主党七奉行」の一人。46歳。福島県出身。

 【経歴】党幹事長代理、衆院財務金融委員長。上智大卒。衆(6)福島3区

 《「仕分け」で一躍有名に》

 ◇蓮舫(れんほう)行政刷新担当相(初入閣) 42歳

 事業仕分けの「仕分け人」。相手の発言を遮ってまで無駄削減を進める姿が一躍脚光を浴びた。平成16年の参院選で初当選。野党時代は年金記録問題追及の先頭に立った。ざっくばらんな性格で人付き合いが良いとの評判。父は台湾人、母は日本人で、高校時代に日本に帰化。青山学院大在学中にキャンペーンガールから芸能界入りし、報道キャスターも。双子の母。42歳。東京都出身。

 【経歴】テレビキャスター、党政調副会長。青山学院大卒。参(1)東京選挙区

【関連記事】
「第三の道」は増税路線? 菅政権の経済政策にエコノミストらが警戒感 
3年間で11人交代 “鬼門ポスト”の農水相
菅首相「政治の役割は最小不幸の社会を作ること」
「適切な経済運営を」 中経連の川口会長が菅内閣に注文
蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

民主党 主な新役員の会見要旨 玄葉政調会長(毎日新聞)
<民主代表選>菅氏を岡田・前田氏が支持 樽床氏と一騎打ち(毎日新聞)
救急医療基本法の制定を(医療介護CBニュース)
田中真紀子氏「クリーンというが洗濯屋じゃない」(読売新聞)
ソユーズが地球周回軌道を離脱、大気圏再突入へ (産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。